ハロン湾の概括情報

Sunday - 22/01/2017 23:54
ハロン湾(ハロンわん、越:Vịnh Hạ Long/泳下龍)は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾

漢字表記は下竜湾。クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル軍の侵攻の際には軍事的に利用された。

ハロン湾について、ミンシン会社のツアーを参考していただきます。

彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。 地質学的には北は桂林から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角である。石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。



1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録。

ユネスコが支援するフランスのNGO世界で最も美しい湾クラブにも加盟している。

現地ツアー: ミンシン旅行会社が日帰りツアーを組んでいる。ハロン湾クルーズや鍾乳洞観光などが含まれる。

記事作者: Minh Sinh

 キーワード: ハロン湾

記事数点:0 に 0 評価

この記事を評価するためにクリックしてください。
ベトナム紹介動画

オンライサーポット
Line Skype Messenger
Viber Wechat What'sapp
d
Viber Facebook Twitter
đường dây nóng ホンさん +84326207101
(日本語対応)
航空券、列車チケット手配
You did not use the site, Click here to remain logged. Timeout: 60 second