ベトナムのムオン族についての記事

Monday - 23/01/2017 11:29
ムオン族は、人口約127万、オーストロアジア語系ベトムオン語グループに属し、父系制で、主にホアビン省やタインホア省、フート省、ソンラー省の山麓や山の中腹に居住しています。

ムオン族(ムオンぞく 越:Người Mường)はベトナムに住む少数民族である。人口は100万人ほど、ベトナムの少数民族の中で3番目に多い。ベトナム北部の山岳地帯、特にホアビン省とタンホア省に多く住んでいる。

民族・言語的にはキン族(ベトナム族)と最も近いとされている。ムオン語はベトナム語とともにベト・ムオン語群としてまとめられる。同系のキン族が平野部に住み、中国文化の影響を非常に強く受けた(紀元前111年の漢による侵攻以後)のに対し、ムオン族は山岳部で固有の文化を発展させたといわれている。タイ族との相互影響も大きく、文化的にはタイ族に近い点も多い。

かつては封建制的社会を形成しており、ムオンとはその社会的共同体(国)を意味する。



ムオン族の伝統的な葬儀は、祈祷師によって厳粛に行われます。棺桶は龍をモチーフにした鮮やかな布で覆われます。これは、死者の魂が龍に乗り天に運ばれるという意味があるそうです。以前の葬儀は、家の中に棺を安置し12日間も続きましたが、現在は約2日と短くなっています。葬儀の様子はビデオでも見ることができます。


from wikipedia, hanoirekishi.web.fc2.com

ムオン族について、ミンシン会社のツアーを参考していただきます。

記事作者: Minh Sinh

 キーワード: ムオン族

記事数点:0 に 0 評価

この記事を評価するためにクリックしてください。
ベトナム紹介動画

オンライサーポット
Line Skype Messenger
Viber Wechat What'sapp
d
Viber Facebook Twitter
đường dây nóng ホンさん +84915566770
(日本語対応)
航空券、列車チケット手配
You did not use the site, Click here to remain logged. Timeout: 60 second