ニンビン省のチャンアン名勝・遺跡群

Monday - 23/01/2017 11:34
2014年6月23日にドーハ(カタールの首都)にユネスコの会議でチャンアン名勝遺跡群を世界遺産として認定した。3つの認定された標準は文化の価値、美的価値と地形・地質の価値である。

(TITC) – チャンアン名勝群はニンビン省のホアル郡、ジャビエン郡、ノーカン郡とタムディエプ町に広まって、面積は6,172平方ヘクタールであり、ハノイから90 キロメートルを離れている。名勝群を囲まれている緩衝地帯の面積は6,268平方ヘクタールであり、主に水田と農村地帯である。その空間にあるチャンアン 名勝・遺跡群は保存されている3つの観光地を含む。それらはホアル古都の遺跡群、チャンアン・タムコック-ビックドン名勝区とホアル原生林。

熱帯モンスーン気候の地帯に位置するチャン アン名勝・遺跡群は半山岳地帯であり、地形が西北-東南の方に下がっている。チャンアンの北と西北はバイディンの丘で、南と西南はドンタム-ソンハとタム コック・ビックドンの石灰岩帯である。東南と東北の方はツオンイェン石灰岩帯、北と東北はチャンアン石灰岩帯である。チャンアンは多くの川と泉がある。北 にホアンロン川があり、東はチャン川にあり、南はヘー川にあり、西はベンダン川にある。緩衝地帯にも多くの川システムがある。昔、チャンアン名勝地域は海 に侵食され、長い時間に変改されたから現在の顕著なランドスケープを形成した。チャンアン名勝群には多くの洞窟、原生林、盆地、川と小泉がある。

顕著な価値

文化価値

チャンアンはベトナムだけではなく東南アジアでも有名な観光地である。ここは、動物の骨、陶器、石器、キッチンの壁紙、セラミックロープや人々の骨など考 古学の残りが良く保存されている。これらの考古学の残りは3万年前にチャンアン地域に古代人が住んできたと証明した。もっと近い歴史でも千円前まだ残って いるテンプル、寺などの歴史の遺産もある。

美的な価値

チャンアンの顕著的なランドスケープはカルスト地形の景観で、カルスト山は200メートルの高さごろで、様々な形がある。カルスト山の間に盆地や湖があ り、魅力的な山水のランドスケープを形成した。長い時間の歴史と熱帯雨により多くのカルスト洞窟も形成された。美しい自然に加えて、歴史の遺跡や現地の農 村景観、農村の生活もチャンアンの魅力を最も増やしたものである。

地形と地質の価値

チャンアンは湿度の高い熱帯気候に最後の段階で進化されたカルストを証明した。現在のチャンアン地形は百万年のカルストの進化の結果である。それらの結果はカルスト山の多様な地形、多くの洞窟、盆地、泉、湖と原生林などである。

2014年6月23日にドーハ(カタールの首都)にユネスコの会議でチャンアン名勝遺跡群を世界遺産として認定した。3つの認定された標準は文化の価値、美的価値と地形・地質の価値である。

メイン名観光地

ホアル古都の文化歴史群: ディン王のテンプル、レー王のテンプル、コアム寺、キムガン寺、ヅイェンニン寺、一種寺、ブオンティエン府、ファットキム・プリンセスのテンプル、ティエントン洞窟など。

チャンアンの名勝群: チィンテンプル、ツーチュテンプル、フーコング、フードット、ディアリン洞窟、シンヅオク洞窟、雲の洞窟、トイ(暗い)洞窟、シアング(明るい)洞窟、酒の洞窟、バージョット洞窟、バイディン寺など…

タムコック・ビックドン名勝群: ビックドン寺、リンコック寺、タイビー寺、ティエンフオン洞窟、ブット洞窟、ムア洞窟、カー洞窟、ハイ洞窟、バー洞窟、ツンニャム、ツンニャグ、コービエンラウ古村など。

チャンアン名勝・遺跡群について、ミンシン会社のツアーを参考していただきます。

記事作者: Minh Sinh

情報源: vietnamtourism.com

 キーワード: チャンアン

記事数点:0 に 0 評価

この記事を評価するためにクリックしてください。
ベトナム紹介動画

オンライサーポット
Line Skype Messenger
Viber Wechat What'sapp
d
Viber Facebook Twitter
đường dây nóng ホンさん +84915566770
(日本語対応)
航空券、列車チケット手配
You did not use the site, Click here to remain logged. Timeout: 60 second